じゃんけんで勝つ確率を上げる方法

情報元:この差って何ですか?
 
 『じゃんけんが強い人と弱い人の差とは?』
茨城大学 矢内浩文 准教授



長年じゃんけんの研究をしているという矢内准教授の考えでは
じゃんけんの強い人と弱い人というのは無いという。

しかし、世の中には自分はじゃんけんが強いor弱いと思っている人がいます。
これは、なぜなのでしょう?

(矢内准教授が言うには)
人間は力が入ったり身構えたり、とっさの事があると無意識にグーを出してしまうもの
この時にパーを出して勝った人が、自分はじゃんけんが強いと思っている人で
そういう人は、無意識のうちにパーを出しているのだという。

つまり、最初にパーを出せば、じゃんけんで勝つ確率が上がるというのです。

にわかには信じがたいこの理論、アナタはどう思いますか?
番組の実験結果は以下のようになりました。


【検証】最初にパーと普通にじゃんけん、勝率にどれくらい差が出るのか?

検証したのはトレンディエンジェルの2人。
とあるショッピングモールで、通りすがりの100人とじゃんけんをして検証

普通にじゃんけんをした場合の結果は100戦して32勝
こちらは、勝ち・負け・あいこが大体3分の1でほぼ確率通りの結果

片や、パーを出し続けた場合の結果は100戦して48勝
ほぼ5割の勝率で、大きな差が出ました。


この結果を踏まえて、普通にじゃんけんをした人が今度はパーを出し続けた場合は?
100戦して48勝、普通の時の32勝から大きく勝ち星が増えました。


検証結果からも、最初にパーを出せば勝ちやすくなる事が分かりました。

が!

これは、突然出会い頭に「じゃんけん」と声を掛けてじゃんけんした場合です。
とっさの事なので多くの人が力が入ってしまいグーを出してしまったという事。

あらかじめじゃんけんで勝負しようと言って
手の甲にシワを寄せてみたり、両手を交差させてその隙間を覗いてみたり
勝負の前に一呼吸合った場合は、この通りにはならないと考えられます。


また、日本の多くの地域で使われている『最初はグー!』という掛け声
この掛け声が合った場合も変わってくるそうです。

(矢内准教授が言うには)
最初はグーと、グーを出した次の手で、またグーを出す人は少ないそうです。
無意識のうちに次は別の手を出してしまうそうです。

つまり、グーの次に出される手は、「チョキ」 か 「パー」ということになります。
よって、「チョキ」を出せば高確率で勝てるというわけです。


【じゃんけんで勝つ確率を上げる方法まとめ】
・突然始めたじゃんけんは、パーを出せば勝ちやすい!
・『最初はグー!』のあとは『チョキ』を出せば勝てる確率アップ!?

これは私が思った感想なのですが・・
この理論なら、あいこの後は『パー』だせば高確率で勝てるのではないか?と思いました。
自分はじゃんけんが弱いと思ってる人は、この方法試してみて下さい。



0 件のコメント :

コメントを投稿